船橋市/船橋市小室町の相続

船橋市/船橋市小室町で相続手続きなら         相続と終活の相談室 オフィスなかいえ

相続と終活の相談室 オフィスなかいえ の相続手続き

①親切・丁寧・相談無料

 相続と終活を専門とした行政書士が、お客様の不安を受け止め、対応いたします。

②署名押印・印鑑証明書のご用意だけで

 基本的にご用意していただくのは、これだけで大丈夫です。

 あとは、面談の席で聞いていきます。

③相続財産の名義変更をサポートいたします

 預貯金の解約、相続財産の分配、不動産の名義変更※をすべてサポートいたします。※弊所提携の司法書士が担当いたします

 

船橋市/船橋市小室町の相続でお困り、お悩みのお客様へ

【悩み】

 あなたは何でお悩みですか?

 ただ、悩んでいても何も解決しません。

 その悩みが相続であるならば、『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』に相談してみませんか。

 

・何をすればいいのかわからない

・誰に頼めばいいのかわからない

・やらなければならないのはわかっているが、気がのらない

 

 相続に関する手続きは、一生に何度も経験するものではありません。ですから、慣れているはずもなく、ほとんどの人は何をすればいいもかわからない、という状態です。

 私たちは、お客様のそうした気持ちを受け止め、まず不安を取り去ることから始め、親切丁寧に対応していきます。

 

【行政書士】

 船橋市には多くの行政書士がいますが、相続を専門に行っている行政書士はそう多くいません。

 多くの行政書士が、許認可申請を行っています。行政書士は行政に提出する文章を書く仕事を主に行っています。

 ところが、一般の方は行政書士がどういう仕事をするのか知りません。

 だから、相続が発生したときに、誰に頼めばいいのかわからないのです。

 

【相続登記】

 法務省及び法務局は、この相続未登記が発生しないように、いろいろと考えました。法定相続情報証明制度がその例ですし、相続登記の手伝いを行っているのもその例です。

 相続登記は簡単になって、誰でも出来るようになりましたが、法定相続情報証明制度は難しくて、一般には普及していません。

 そこで、行政書士がそのお手伝いを行っているのです。

 行政書士が相続登記の仕事をやることはできません。

 司法書士が相続登記の代理申請を行いますが、相続登記に関しては本来の業務なので、基本的にはお金を取ります。

 しかし、相続登記はお金を出してするほど難しくはありません。

 法定相続情報証明書と遺産分割協議書があれば、簡単に素人でも書けます。

 弊所にお任せいただければ、相続登記に必要な遺産分割協議書をお書きいたします。是非とも弊所『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』に連絡ください。

  

相続の専門家

 相続が発生したら、まずは【相談無料】の 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ へご相談ください。

 自分で解決しようとしても、複雑で面倒な相続の手続きは時間がかかります。

 時間がかかると、相続人同士で不信感が芽生えます。

 その不信感がトラブルに発展してしまいます。

 

 相続は早めに終わらせましょう。

 

【相談無料】

 弊所『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』は印西市にある行政書士事務所です。船橋市は印西市の隣町です。特に小室町は特に近く、当事務所は船橋市をはじめとした印西市に隣接した街や近い街を主な対象としてサービスを提供させていただいています。

 事務所に来れないようでしたら、私の方から伺います。出張相談も可能ですので遠慮なくおっしゃってください。

 

船橋市の相続 お役立ち情報(自分で手続きされる方のために)

【行政窓口】

船橋市役所:273-8501 船橋市湊町2丁目10番25号

      047-436-2111

      047-436-2270(戸籍住民課コールセンター)

 二宮出張所:274-0074 船橋市滝台1丁目1番20号

      047-464-1811

 芝山出張所:274-0816 船橋市芝山3丁目10番8号

      047-463-2561

 高根台出張所:274-0065 船橋市高根台1丁目2番5号

      047-465-4331

 習志野台出張所:274-0063 船橋市習志野台2丁目45番18号

      047-466-2811

 豊富出張所:274-0053 船橋市豊富町4番地

      047-457-2003

 二和出張所:274-0805 船橋市二和東5丁目26番1号

      047-447-4507

 西船橋出張所:273-0031 船橋市西船4丁目17番3号

      047-433-4321

 船橋駅前総合窓口センター:273-0005 船橋市本町1丁目3番1号(フェイス5階)

      047-423-3411

      047-423-7089(戸籍届出担当)

      047-423-7042(住民移動担当)

 法典連絡所:273-0047 船橋市藤原7-33-7(法典公民館内)

      047-438-6262

 三山連絡所:274-0072 船橋市三山8-19-1(三山市民センター)

      047-475-8300

 小室連絡所:270-1471 船橋市小室町3308

      047-457-5146

 津田沼連絡所:274-0825 船橋市前原西2-21-21(東部公民館内)

      047-471-1151

 

【不動産登記管轄法務局】

千葉地方法務局船橋支局 ➤:273-8558 船橋市海神町2丁目284番地1

              047-431-3681

 

【金融機関】※銀行の名義変更は各支店で行うことあ有ります。その場合、相続人のそばの支店で行うわけではありません。相続人の負担の大きい手続きですし、多少の知識が必要です。

 ゆうちょ銀行はどちらの郵便局でも手続き出来ます。

 

船橋市の農地

 相続財産に、農地が含まれていると、農地法の制約を受けます。

 

 船橋市には94,566aの農地があり、84億円の産出額があります。

 そして、船橋市の耕作放棄地率は15.21%です。

 

 耕作放棄地とは耕作放棄地」 農林業センサスにおいて、「以前耕作していた土地で、過去1年以上作物を作付け(栽培)せず、この数年の間に再び作付け(栽培)する考えのない土地」とされ、農家等の意思に基づき調査把握したものです。

 

 

 このように、相続財産に農地が含まれている場合は、弊所に連絡ください。

船橋市の耕作放棄地率

船橋市の人口と65歳以上の高齢者の現状

 船橋市の人口は、643,971人(令和2年4月1日現在)。

 そのうち、65歳以上の高齢者の人口は154,125人で、人口の23.9%です。

 この23.9%というのは千葉県の市町村の数54の中で7番目に若い街です。

 千葉県の平均が27.0%

 日本の平均が28.7%

ですので、かなり若い街と言えるのではないかと思います。

 大きな街というのは、若い人たちが集まるので、基本的に若い街といえるのですが、、船橋市はそれに加えて、街の開発も積極的に行っています。

 大きな街ですが、土地もあり、鉄道網も充実していますので、まだまだ開発の余地があるようです。

 しかし、高齢者の割合が低いといっても、その数は154,125人ですので、一般の市の人口以上の高齢者がいるという状態です。

 

船橋市小室町の人口と65歳以上の高齢者の現状

 小室町の人口は5,745人です。(令和2年4月1日現在))

 高齢化率は、24.2%で、65歳以上の高齢者は1,393人いらっしゃいます。

 高齢化率24.2%というのは、千葉県の平均27.0%、全国の平均28.7%と比較すると、いたって若い街と言えるでしょう。

 

 では本当にみんな若いかというと、そうでもなく、入居者の子供世代がここから出て行ってしまっており、あるとき突然高齢者率が上昇するものと思われます。

 小室町は千葉ニュータウンで最初に開発された街です。

 

 ですから、若いといわれてもピンとこないし、この街で住んでいるとそんな感じはなく、若い方も多いのですが、ニュータウンと言われるところが開発されるたびに、若い世代が押し寄せているので、以前開発された場所に住んでいる方は、そんなに若いのかと思ってしまいます。

 

船橋市の人口ピラミッド

 実際に将来の人口構成がどうなっているかを調べてみると、2040年には、高齢化率は5.76%上昇している予想があります。

 さらに、2020年には少なかった、90歳以上の方が、非常に多くいられます。

船橋市の情報

 船橋市(ふなばしし)は、中核市に指定されており、人口は約64.1万人で、政令指定都市を除くと最も人口が多い都市です。中核市最大の人口を持つ都市であり、その人口は鳥取県の総人口を上回ります。千葉県内では千葉市に次いで第2位の人口規模です。

 葛南地域にあり、県都「千葉」に対し商都「船橋」との形容もあり、商業が盛んです。市の中心部は船橋駅周辺ですが、臨海部にはららぽーとやIKEAなどの旗艦店(1号店)をはじめ商業施設が多数立地し繁華街として賑わっています。

 船橋は鉄道網が発達しており、10路線、37駅が市内にあります。千葉県内各方面の成田国際空港(総武本線、京成本線、北総線)、東京ディズニーリゾート(京葉線、武蔵野線)、東葛地域(武蔵野線、東武野田線、新京成線)、千葉都心(総武本線)、蘇我副都心(京葉線)、幕張新都心(京葉線、武蔵野線)などと東京都心方面(総武本線、京葉線、武蔵野線、京成本線、東京メトロ東西線)との交通の要所となっています。

 戦前から住宅地開発が行われており、高度成長期には、多くの農地や森が大規模な団地などへと転用されました。人口の急激な増加により鉄道の混雑が激しくなり、国鉄は通勤五方面作戦にて総武本線の複々線化を行いました。船橋の中心市街地は旧宿場町の本町通りと船橋駅から南に延びる駅前通りを中心として古くから繁華街として賑わっていました。JR船橋駅前には西武百貨店、東武百貨店などの大型店も進出し、中山競馬場(中央競馬)、船橋競馬場(地方競馬)、サテライト船橋・オートレースふなばし があり娯楽施設も充実しています。かつては遊廓などの花町や船橋若松劇場、高度成長期には湾岸部に船橋ヘルスセンター、船橋サーキット、船橋飛行場などのレジャー施設、90年代には屋内スキー場のららぽーとスキードームSSAWSが営業していましたが、再開発によりららぽーとやイケアなどの商業施設や高層マンション群に変貌しています。1990年代以降、湾岸部や内陸部に大規模なショッピングセンターが相次いで開業したため、商業施設は市内各地に分散化の傾向にあります。

 近年では湾岸部の京葉線沿線では工場や倉庫の跡地に集合住宅が建てられ、内陸部の東武野田線沿線、東葉高速線沿線では、新興住宅地の開発が行われています。東京都心や成田国際空港・東京国際空港 へのアクセスの良さや、商業施設の充実、整備された公共施設、自然豊富な住環境が整っています。買って住みたい街においても、首都圏第1位を記録するなど定住を目的としたファミリー層を中心に支持を受けています。

 市の紋章は、船橋市の舟の字を図案化したもので、の発展を象徴しています。 昭和12年3月、制施行に先立って、紋章を募集し、入選作品を採用したもので、昭和12年8月6日に市議会で議決されました。

 

船橋市小室町の情報

 小室町(こむろちょう)は、千葉県船橋市の町丁名のひとつで、地元では単に小室と呼ばれ、北総鉄道北総線の駅名や国土地理院の三角点も「小室」としています。

 千葉ニュータウンで最初に街びらきが行われ、第1期住民が入居しました。船橋、白井、印西3市に広がる「千葉ニュータウンここに始まる」土地でもあるのです。

 2021年(令和3年)3月現在、船橋市の総人口、総世帯数の各1%にあたる6626人、3193世帯が居住しています。

 町内には公園や緑地計13か所が計画配置されており、自然環境に恵まれた東京近郊のベッドタウンとして人気が高く、就業世帯の大半が都内方面へ通勤しています。