婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置(2019年7月1日施行)

婚姻期間20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与に関する優遇措置はどう活用する?


【疑問点】

 この優遇措置はどう活用すればいいのでしょう。


【ポイント】

 婚姻期間が20年以上の夫婦間で、「居住用不動産」又は「居住用不動産を取得するための金銭」を贈与する場合には、贈与税の基礎控除110万円のほかに、最高2000万円まで控除(配偶者控除)を受けることができます。

 この特例は、一生に一度しか適用を受けることができません。


【解説】

 婚姻期間が20年以上である夫婦間で居住用不動産(居住用建物又はその敷地)の遺贈又は贈与(2000万円まで)がされた場合については、原則として、遺産分割における配偶者の取り分が増えることになります。

 このような規定を設けることにより、配偶者は、より多くの財産を取得することが出来る。

 例で説明すると、相続人が配偶者と子2人。遺産が居住用不動産2000万円、その他の財産6000万円。配偶者に対する贈与 居住用不動産2000万円。

 居住用不動産は、生前贈与分について相続財産とみなす必要がなくなる結果、配偶者の遺産分割における取得額は、8000万円×1/2=4000万円、となり、最終的な取得額は、4000万円+2000万円=6000万円となり、贈与がなかったとした場合に行う遺産分割より多くの財産を最終的に取得できることになる。

 

 という特例であるが、これをどう活用するか。

 一般に日本の夫婦は男性の方が先に亡くなります。

 そして、自宅の権利は男性が100%か6:4もしくは8:2で男性の方が多く持っています。

 この自宅の権利を生きているうちに配偶者に贈与してしまうことで、配偶者がこの自宅の処分ができることになります。それでも、男性にはまだ、現金財産がありますので、困ることはありません。

 女性に不動産の処分権限を渡すことで、もし男性配偶者に判断能力がなくなった時に、男性配偶者が施設等に入る入居費が活用できるのです。

 この判断能力がなくなったときのことに関しては、家族信託という方法もありますが、いろんな方法で、老後のことを考えるべきではないでしょうか。

『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』の   サービス提供の流れ

1⃣ お問い合わせ 

  お電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 その際にご相談の内容をお聞きし、面談の日時を提案させていただきます。

 弊所は、平日と土曜日に営業していますが、日曜・祝日や遅い時間をご希望の時は事前にお聞きします。

2⃣ 相談無料

 弊所は相談無料です。お客様が相談料いくらですか?とよく言われますが、私たちは弁護士ではないので、相談料は取りません。

 弊所はお客様との対話を大切にしていますので、時間を気にすることなくお話しください。   

3⃣ 契約~委任状

 お客様納得の上で契約することを重視しています。納得いかないことがありましたら、お気軽にお申し付けください。

 勝手に進めることはありません。

 契約が済みましたら、委任状に実印を頂きます。

 委任状がなければ、我々は動くことが出来ません。

 

お問い合わせはこちら          電話でのお問い合わせは

0120-47-3307

相続対応エリア

市町村名:(千葉県全域)千葉市、銚子市、市川市、船橋市小室町、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、袖ケ浦市、四街道市、八街市印西市白井市富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、酒々井町、栄町、神崎町、多古町、東庄町、九十九里町、芝山町、横芝光町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

行政上エリア:東葛飾地域/葛南地域/印旛地域/香取地域/海匝地域/山武地域/夷隅地域/安房地域

対応エリア:(茨城県全域)水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町、美浦村、阿見町、、八千代町、五霞町、境町、利根町

行政上エリア:県北地域,県央地域,県西地域,県南地域,鹿行地域

対応エリア:(兵庫県一部)相生市、赤穂市、たつの市、姫路市、太子町、上郡町

行政上対応エリア:西播地域